とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「なんでやらない…!」

…と母に向かって繰り返す父。
“ 家事は母がやるもの ” という昔ながらの観念が強いようだ。

もはや母の病気は理解できていない父。。。



息子が家事をしていると父は母に向かって「動け」と指図する。
母はその都度父に向かって説明をするのだが、、、

「解らない…」 と繰り返す。

僕は今日、味噌汁の具の絹サヤの筋取りを父にやってもらった。
まだ出来ることはあるし、出来ることだけをやってくれればいいのだが。。。

元気だった頃の癖は身に沁みているようで、照明の点けっ放しなどは人一倍うるさい。
笑顔を見せるのは孫の顔を見ている時だけ。

もっと笑顔で老後を過ごして欲しいのだけど…

自分の老後もこんな感じになるのだろうか… と思うと、、、

ゾォ~ッ とする。。。

歳をとると長所も短所もグ~ッと濃縮されるから仕方ない。
苦味も甘味もほどほどに、、、笑って過ごせるように「遊び心」も大切にして行かないとね。

(^^ゞ
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-02-07 20:13 | 介護