とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

口中調味

認知症と診断される前の父に異変を感じた一つに食事方法があった。

日本人なら小さい時から躾のように食卓で教えられる三角食べ。
これこそが日本文化の「口中調味」というものだと聞いたことがある。
一品一品の味わいをさらに口の中で調合して味を楽しむと言う、何とも日本人らしい文化だと思う。

今の父は一品毎口に運びバランス良く食事を摂ることができなくなった。
そんな父には少量ずつ一皿に盛り付けて出している。
好物の煮豆、卵焼きなどの甘い副菜は真っ先に食べてしまうので、家族揃ってデザートのように食事の最後の方に出して食べることにした。

息子が作る数少ない献立をバランス良く食べてもらいたいが嫌いなものには一切手を付けようとしない。
双方のストレスを考えるとあまり無理に食べさせることも考え物だし...

栄養状態を考えると褥瘡の危険性も大きいので、今後は補助的に栄養食品なども考える必要もあるのかと…。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-08-29 09:39 | 介護