とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お見舞い

お見舞いと言っても、ほんの少しの時間だけ顔を見る程度。

術後の経過も気になるが、やはり相部屋の方達にご迷惑をおかけしていないかが気になるところ。

ナースに伺ったところ、「夜間は良くお休みですよ…」と聞いて一安心。

それから、、、

ナース曰く

「先ほどから奥様のことを心配されているようですよ…」

病室に行くと、

「〇〇み~、〇〇み~」と名前を呼んでいるじゃないか...

僕はナースに、

「これ、息子の僕の名前なんです...」



父は困った時なんかには僕の名前を呼ぶんだよね。。。

少し父と会話を交わしたけれど、、、

「だめだよぉ~!」 と繰り返す父。

意味は良く分からなかったけれど、
きっと、どこだか分からない所につれて来られたことに混乱している様子だった。

いつもの慣れ親しんだ環境の家に帰りたいと言っていたのだろう。。。

でも、まだ息子を忘れないで居てくれたことにホッとした。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-11-11 20:43 | 介護