とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

一本のフルートとの出合い

半年前に一本のフルートと出合った…
素朴で心温まる楽器がいつも傍にある。

疲れたときや、チョッピリいやなことがあった時に奏でている。
山行の時も、趣味の写真を撮る時も…

インディアン・フルートって言うんだけれど、思うがままに奏でればいい。
ラブ・フルートとも言って、思いを伝えるのに奏でたと言われる。
b0149043_22143472.jpg


















ネットサーフィンしていて巡り会った楽器です。

「音楽が苦手でも、五線譜が読めなくても…」
この言葉に惹かれて手に入れることにした。
それにも増して形が何より僕の心を揺さぶったんだ…

今ではインディアン・フルートの製作者であり奏者でもあるガイネさんに作り方や奏で方をレッスンしていただいている。

今日はガイネさん主催のネイティブ・アメリカンフルート作り最終日に行って来て、myFluteを作り終えた。

以前購入したガイネさん作フルートで日々気ままに練習を重ねて来た甲斐あって、今では利用者様にも披露させて頂いている…
自作の曲を奏でた時に利用者様に「いかがでしたか…?」と伺ったところ、「山の林の中に居るみたいだね…」

嬉しかったなぁ…

と言うのも、フルートのレッスンで訪れた場所があまりにも気持ちが良かったんで、それをイメージして奏でた曲なんです…
そしてそれは… ちょうど山の林の中だったんです。。。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-09-27 22:17