とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 15 )

ある日を境に、利用者のMさんに背を向けられた…

いつも笑顔と感謝の言葉を絶やさないMさん。
数ヶ月前に入居されたMさんは「ここで生活が出来るようになって本当に良かった」と良く言っていた。

精神疾患を患ってはいたが、穏やかに生活を送っていた。
しかし一月ほど前から、
「ベッドの下から煙が上がっている…」
「部屋の中に煙が充満している…」
などの訴えが続くようになった。

空いた居室に移って頂いたり、お話を伺う機会も増えた。
そんな矢先の出来事だった。
態度がいつもと明らかに違う。。。
女性職員との応対は余り変わらないのだが、、、
3人の男性職員、取り分け僕ともう一人の男性職員には明らかに毛嫌いしている様子が伺える。

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-11-25 10:38

ちょっぴりブルーな一日

両親はいつもと変わらず生活を送っている。
お陰で仕事と趣味には十分に没頭?できている。。。

しかし、今日は憂鬱な一日。。。。

二つの出来事が合った。

一つは、利用者さんが昨日ご逝去されてこと。。。
もう一つは、一人の利用者さんに背を向けられたこと。。。

今日は、ご逝去されたSさんのことを書き止めて置きたい。

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-11-23 23:56

ナイトハイク

最近、ちょっぴりお疲れモード…
両親の状態も落ち着いていることだし。。。

ガソリン急騰で出不精になってストレス耐性と体力が落ちてるなぁ… と実感気味。
それに追い討ちをかけるように2週間ほど前からの風邪も抜けきれず、このままじゃ自分が「こもり」になっちゃうと思い出かけてみることにした。。。b0149043_17384393.jpg

続きを読む
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-10-28 17:46

即興レク

先の記事にしたフルートは…
ネイティブアメリカンフルート、インディアンフルート、ラブフルートと色々な呼び方があるんですよ。

職場でも利用者様に聴いていただいてます。
素朴な音色が受けているようです。。。

でも、僕が吹けるのは練習曲や自作の曲で、みなさんの知らない曲ばかり…

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-10-07 17:56
半年前に一本のフルートと出合った…
素朴で心温まる楽器がいつも傍にある。

疲れたときや、チョッピリいやなことがあった時に奏でている。
山行の時も、趣味の写真を撮る時も…

インディアン・フルートって言うんだけれど、思うがままに奏でればいい。
ラブ・フルートとも言って、思いを伝えるのに奏でたと言われる。
b0149043_22143472.jpg

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-09-27 22:17

メールマガジン

今回はメルマガのお話。

福祉に従事して6年の月日が過ぎた。
福祉に就いた時は、福祉関係の色んなメルマガを登録し読ませていただいてきた。
事例検討の内容、働く人々の生の声、介護技術…

しかし、今はただ一つを残しほとんど削除してしまっている。

唯一愛読しているメルマガは、過激といっても良いほどの内容だ。
綺麗事はまず書いていない。

では何故このメルマガを読み続けているのか。

それは…

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-09-24 10:24
昨夜、友人と会って久しぶりに時間を忘れて話した。
そして最後に友人からの贈り物…

 Ho’oponopono Song 

素朴で、あたりまえな言葉でありながら心の奥底に響いてくる詩…
そして忘れてはいけない気持ち…

聴いてみてください
http://jp.youtube.com/watch?v=FkO3L9-bEX8
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-09-06 08:40

貴重な体験

今から6年ほど前のこと…
福祉の仕事に転職し2ヶ月ほど経った時のことだった。

出勤の準備を始めていた時、急な腹痛に襲われた。
痛みはすぐに激痛に変わり、我慢の域を通り越し「痛い!」と喘ぐ言葉さえ発することができなかった。
親が救急車を呼んだ…
父親が救急車に同乗したのを覚えている。

頭の中では…
「ようやく採用になったばかりなのに…」
両親には「会社に連絡を入れておいてくれ」と一言だけ言い残した。

虚ろな記憶の中に残っているのは…
I病院へ搬送され何等かの検査をされた後に、K大学病院へと再び搬送された。
揺れる救急車に傷みが極限に至ったことだけ。

K大学病院に搬送された後の記憶はほとんど残っていない…

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-09-02 20:52

緩やかに老いる…

いわゆる燃えつき症候群を回避するためには…
僕なりの考えで述べてみる。。。

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-07-23 00:27

共に生きる…

介護職に転職して早6年目。
右も左も分からない世界でいろいろと学んだ。
机上で得た知識がようやく実を結びはじめる頃なのだろう。。。

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-07-19 23:03