とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

認知症の予兆

認知症と診断された父親の変化を感じたのは…

・外出をしなくなったこと
 買い物、散歩、老人クラブへの参加など
・家の営繕をしなくなったこと
 庭の手入れ、自転車の修理、諸々の修理

でも、「歳もとったことだし… 仕方がない」ことと思っていた。

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-08-29 11:27 | 介護

一段落

ようやく両親共に介護認定された。
認定されたことを喜んでよいのか悪いのか?
ある意味複雑な心境でもある。。。

現況としてはパラサイトシングルの息子(私)と同居している限り介護サービスを利用する状況ではない。

両親の状態も落ち着いているので、当面は親子仲睦まじく?やっていこう。

父親も認知症の投薬が開始になってそろそろ一ヶ月が経とうとしている。
変化こそないが、とりあえず一段落と言ったところ。

でも先日、なんの気力も見せなかった父親が庭の草むしりをしていた…
ほんの数本しかむしることはなかったが少し嬉しく思えた。

これからもそ~っと見守っていこうと思う。

本心は… 少しばかり羽でも伸ばそうと目論んでいる親不孝息子。
こんな息子でも居ないと両親だけでの生活は成り立たない。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-08-27 20:51 | 介護

セルフケア

いつまで続くか分からない介護生活。
徐々に自分の時間さえも介護の時間に置き換えられて、気付いたら介護沼にどっぷりとはまり込んでいた。
自滅の方程式だ…

肉体的・精神的に追い詰められる前に、セルフコントロールを身に着けておく準備は必要だと思うのです。
できれば介護とは縁の無い時期から、なにか没頭できることを見つけておきたいものです。

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-08-05 10:01 | 介護

介護の準備

40歳を過ぎた頃、人生の折り返し地点を強く意識した。
残りの人生をどう生きるかを考えはじめた時であった。。。

その時は、漠然と今のままではいけない… と考えていた。

一企業の一員としてだけの自分の生き方に大きな疑問を抱き始めた。

会社以外何の組織にも属さず、異動異動で地域にすら繋がりのない生活を定年まで続けていたら…
そう思うと怖かった。

定年を迎えてから準備をすればいいのか…

いや、その頃の僕には気力も無いだろう。。。
もともと変化を好まない性格だからなぁ。

続きを読む…
[PR]
by 1po2ho3bo | 2008-08-02 10:28 | 介護