とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

高校、大学と一緒に過ごした彼女との再会。


「あの時、なぜ別れちゃったのかね...」


二人で思い起こそうとしたけれど、、、

なんの確執もなかった。。。


結局、今では両家を行き来しながら将来を描きはじめている。




両親の介護を終えるまでは自分の家庭なんて… と考えていた。

このblogを見た彼女には、それが意固地になっているいる息子と映ったようだ。。。


確かに、ある意味意固地にでもならない限り、

息子一人で両親の介護なんてできる事ではないかも知れない。


「一人で生きて行くんだ!!!」

…と、意固地になっていた親不孝息子は、

今はもう居ない。



最近の母の口癖に...

「今日は、、、来ないの…?」


どうやら母も満更でもない様子だ。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-12-28 20:19 | 介護

リハビリ目標

本日、無事に父が転院しました。

一ヶ月強の入院生活でのADL低下はあるものの、

上着の着替えも多少の介助でできるし、

自家用のワンボックスカーのステップも軽く支える程度で乗降りできた。

認知症の進行もADLの低下も思いの他少ないない様子だった。



これから90日間のリハビリでどこまで回復するか、、、

もしかしたら、入院前以上に…

な~んて、期待をも感じさせる父。



リハビリ目標として…

1-歩行(20m程度) 伝い歩きでも可

2-トイレの自立

3-食事の自力摂取


これから3ヶ月間、リハビリの進捗状況を確認しながら、

在宅復帰に向けて住環境の見直しや住宅改修を検討して行こうと思う。

リハビリ目標が達成できていれば、息子不在時の数時間は過ごせるだろう。

しかし、どれか一つ欠けたとしたら...

福祉サービスを考えて行こうと思う。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-12-14 14:25 | 介護

父 転院

一ヶ月以上入院生活を送った病院から、

リハビリ病院への転院が決まった。

来週からは90日の期限が設けられ在宅復帰に向けてのリハビリ生活が始まる。



さて、

どこまで父のADLが回復するのか...



先日、父の見舞いに行ってきた時は、丁度昼食時で食事の様子を見ることができた。

一ヶ月の入院生活で認知症が進行したせいもあってか表情は乏しく感じられたが、


食事が運ばれてきてしばらくは自力摂取していた。

食べこぼしもほとんどない。


食事の後半は介助したが、ほぼ食べることができた。

問題行動もなく穏やかな入院生活を送っているようで一安心。



リハビリ病院退院後は...

     在宅復帰か…
        再転院か…
           施設入所か…

b0149043_1149102.jpg

[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-12-12 10:00 | 介護

食卓に花...

親不孝息子と母、二人での食卓はあまりにも味気ない。

ほとんど毎日がスーパーの惣菜オンパレード。

会話と言う会話も無く、黙々と食事を済ませる毎日。

これじゃぁ食欲も減衰する訳です...


しかし、

そんな食卓に変化が。。。


高校、大学と縁のあった彼女と30年ぶりの再会。

彼女は夫に先立たれ、僕はバツイチ。


彼女は夕食と花を持ってきてくれる。

3人での夕食に母の笑顔も見られ食欲も増してきた。


心配していた褥瘡の悪化も…

処方薬と栄養の改善で快方に向かっていそうな気配。


園芸が好きだった母だが、、、

それができなくなってからは食卓に花が飾られることもなくなっていた。

息子はこういうことに無頓着なもんで...



彼女のお陰で、

乾いていた母と親不孝息子の心の中に潤いがもたらされたようだ。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-12-11 10:59 | 介護

褥瘡

父が入院したとたんに母も歩けなくなり、24時間座位での生活が続いている。

昼夜、一人掛けのソファーでの生活は臀部に負担をかけている。


昨年の冬場も動けなくなった母はソファーでの生活をしていたが、

そこそこ食事も摂れていたが、今回は食事量がかなり減っている。


栄養不足を心配していたのだが、やはり臀部に褥瘡ができ始めた。

栄養補助食品で不足分を補い、同じ座位でも褥瘡部位に負担をかけないような体制をとっている。


母は「この座り方じゃ疲れる…」と言うのだが、

今は褥瘡を悪化させないことが最優先と理解させ、耐えている様子。


褥瘡を悪化させて一月ほどで命を落とされた方を見ているだけに、

これ以上の悪化は食い止めなければならない。

介護職として、褥瘡を作ってしまうったことに遺憾の思いが募る。


この先、専門職との連携が不可欠になってきたと痛感する。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-12-04 00:19 | 介護

入院一ヶ月

父が入院して一ヶ月が経とうとしている、、、

様態は安定していて骨折した脚も動かしていた。。。


しかし、認知症は緩やかではあるが進行しているようだった。

食事も誤嚥の予防のため、きざみ食からミキサー食に変わったそうだ。



来週は急性期の病院からリハビリ病院への転院の面接がある。

ベッドが空き次第転院となる見込み。

リハビリ病院へ転院後は在宅復帰を目指したリハビリが3ヶ月ほど続くらしい。



来年の春は...

どうなっているのだろう。。。

在宅復帰を素直に喜べない自分がいる。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2009-12-03 23:07 | 介護