とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

心の壁

一度は母とのわだかまりを払拭しようと...


毛染めをして綺麗な身なりをして外出に結び付けようと試みたのだけど、

母の介護に協力してくれている姪や姉、そして息子の意見を受け止めようとする気持ちが見えない。


そんな母に愛想も尽きてきた。


姪も姉も…

「もう少し、お母さんも周りの言うことに耳を傾けてくれたら…」

と漏らしている。



家族だと、

つい感情が先立ってしまい、言った後で


良くない言い方をしたな…

そんな自分が情けない…


そんな思いを巡らせてしまうジレンマの日々。



そんな壁も、、、

ピッタリと壁にへばりついて見上げているから高くって崩れそうもない壁にみえるのだろうか…

きっと、遠くからこの壁を眺めることができるのなら

それほど大きくて崩れそうもない壁には見えないのだろう。。。



物理的にも精神的にも、

今は、母と介護者の距離が必要な気がする。


これまで母の意志を尊重し過ぎた結果の落とし穴だったのかも知れない。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2010-01-23 20:24 | 介護

再び介護認定

一度は打ち切っていた父の介護認定を再度申請。

先日、要介護認定結果通知書が届いた。


判定は要介護4

リハビリ期間あと2ヶ月でどこまで回復できるのか...

退院後の在宅介護への不安が募る。




一方、母は通院できないため訪問医療に切り替えることにした。

そして、医師と主介護者(親不孝息子)との面接を今日終えた。


面接を終えてDrから「今日の午後一番で訪問診療しますよ!」

…とのことで診察をして頂く。

訪問診察では母の状態の確認、血液検査の採血、褥瘡の確認と処置がされた。


検査結果次第では入院とのことだが、、、

恐らく入院になるのではないか。。。



Drから母に「入院になるかも知れません…」と言われたが、

「入院はしたくない…」 と母。



誰だって入院なんかしたい人なんて居ないよね。。。

医療面ではやっぱり医者が介入しない限り素人判断では荷が重過ぎる。

というか、このまま放置していたら高齢者虐待になりかねないし。。。



母の介護保険認定申請も医師の意見書の目処がついたため早々に手続きをしよう。

恐らく「要介護4」かな。。。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2010-01-23 18:36 | 介護

介護の負担感

24時間、365日という介護生活。

全ての時間を介護に費やしている訳ではないのだが、、、

常に頭の中にある「介護」


朝昼晩の三食にトイレ。

仕事をしていても、仕事が休みの日でも逃れられない閉塞感。


そんな負担感を感じてしまうのは、

母が全てを身内だけに委ねようとする頑固なまでの思い。


母自身、親の介護経験がないから介護者の負担感は理解できないのだろうか。。。


「迷惑をかけて悪いね…」


そんな母の言葉に...


「自分(母)にできることは何なのか…」を少しでも考えて欲しいと感じてしまう。


「もう、良くはならないから医者には行きたくない...」とか…

「他人の世話にはなりたくない...」


そんな母の言葉が僕には一番の負担だって言うことを。。。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2010-01-18 08:58 | 介護

このままでは…

母の褥瘡…

一旦は良くなる気配があったのだが、、、



介護者の意見をまったく聞かない母に痺れを切らしている。

24時間座位で生活している母に横になって休むように言っても、

「寝返りが打てないから横にはなりたくない…」

「布団が重苦しくて…」

…と返す母。


いくら処置をしたところで、患部の負担を減らさない限り良くはならないのは分かり切ったこと。



正月早々に定期受診の予約を入れてあり、

「今回は受診をしなければならないよ!」と言い伝えておいたのだが、、、

前日になって「病院には行かない」と言い張る母に愛想も尽きる。


結局、Drに状況報告をして他の医療機関の訪問医療を紹介して頂くことになった。



親不孝息子が夜勤の時には来てくれている姪も、

仕事の勤務調整で負担がある様子を耳にした。



このまま母の思いを通すことはできない。



未だに介護サービスにしても治療にしても受け入れそうもない母だが、

そんな母に拒否反応さえ感じてしまう。


もう言いなりにはなれない。
[PR]
by 1po2ho3bo | 2010-01-16 11:11 | 介護