とうとう来る時が来た…?    親不孝息子が綴る介護日記


by 1po2ho3bo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

さば汁

以前、TVで見たことがある郷土料理の「さば汁」 つ~もんがありまして...

旨そ~!
でも、、、生臭くねぇ~っ???

TVで紹介されたときの具は、根曲竹&さば缶を味噌味に仕立てたもの。

シンプルだけど、なんか強く印象に残ってしまってね。。。

で、作ってみたところ、やっぱ旨い!
うちでは具をタップリと使って、息子の数少ないレパートリーの一品になってます。

作り方のコツなんてものはない!
ただ一つ、さば缶は汁ごとドバァ~っと入れることだけ。

両親もお気に入り?の一品みたい。
箸の進み具合で分かるもんね~っ (^_-)
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-10-08 20:24 | 介護

かぜっぴき

うちの施設で風邪が流行しちゃってます。。。
幸いにインフルエンザは発生していませんが、まだ収束には至らず次から次へと熱発者が…

ご多分に漏れず、僕も先月末の夜勤でもらってしまい現在進行中。
…とは言ってもこじらせてはいないので、先日、山に行っていい空気を吸ってきました。

ところが、、、

あまりにも天気が良すぎて、ましてや山頂に4時間ほどいたものだから…

日焼けで顔がボロボロです (^^ゞ
真っ赤な顔をして仕事に行けば「熱があるんじゃないの???」と言われる始末。

そんな親不孝息子の両親は風邪一つひいていません。
子孝行な両親です。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-10-08 10:01 | そのほか

伴侶を亡くした友へ…

弱くて、もろくたっていいじゃない...

自信が持てなくたっていいじゃない...

心細くて、今にも折れてしまいそうかもしれないけれど、
ぼくが見ていてあげるよ。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-09-27 23:18 | そのほか

政権交代

望むこと…

「長生きなんかぁ するもんじゃない」

せめて、こんなに寂しい言葉を一人でも思わぬように

そう願う。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-08-30 22:48 | そのほか

巻爪とネイルケア

高齢者の介護をしていると巻爪の方が非常に多い。
巻爪が悪化してしまうと痛みから歩行を控えがちになってしまい、強いては閉じこもりの一因にまで発展しかねない。

若いうちからネイルケアについての知識があれば、これほどまでに巻爪になることもなかったのではないだろうか…?

そう言う自分自身も巻爪の予備軍で早くもその傾向が現れている。

小さい時から爪が少しでも伸びていると気持ち悪かった。
以前は飲食関係の仕事を仕事をしていたのでことさら短く爪の両サイドまで切り込む癖があった。
これが巻爪の一要因だといわれる。

爪切りの際は深爪や切り方には注意しましょうね。。。

切り方は…
爪の先端は指先に沿って丸く切るのでなく、直線的(スクエアカット)にゆるい弧を描くように切りましょう。
(爪の両サイドは切り込み過ぎないようにすることがポイントです)
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-08-30 12:25 | 介護

口中調味

認知症と診断される前の父に異変を感じた一つに食事方法があった。

日本人なら小さい時から躾のように食卓で教えられる三角食べ。
これこそが日本文化の「口中調味」というものだと聞いたことがある。
一品一品の味わいをさらに口の中で調合して味を楽しむと言う、何とも日本人らしい文化だと思う。

今の父は一品毎口に運びバランス良く食事を摂ることができなくなった。
そんな父には少量ずつ一皿に盛り付けて出している。
好物の煮豆、卵焼きなどの甘い副菜は真っ先に食べてしまうので、家族揃ってデザートのように食事の最後の方に出して食べることにした。

息子が作る数少ない献立をバランス良く食べてもらいたいが嫌いなものには一切手を付けようとしない。
双方のストレスを考えるとあまり無理に食べさせることも考え物だし...

栄養状態を考えると褥瘡の危険性も大きいので、今後は補助的に栄養食品なども考える必要もあるのかと…。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-08-29 09:39 | 介護

水分補給

水分補給は年間を通して心がけたいものですが、、、
高齢になるとトイレに行くのが億劫だったり喉の渇き自体を感じにくくなる。

母の場合、パーキンソンで歩行に不安があるためトイレを自制しがち。
以前まで引っ切り無しに湯呑みで何かしらを飲んでいた認知症の父も夏を前にしてほとんど飲まなくなった。

必要な水分を摂取するために思考錯誤が始まる訳だが、、、

目標値に達するのに躍起になって、返って双方がストレスを溜めてしまうこともある。
そこで無理のない補給のために…

糖分や利尿作用を考えれば普通の水をこまめに飲んでもらいたいところだが、先ずは水分補給のために好みを探る。
あれこれ色んな飲み物を試してみたり、飲みたくない時でも目の前に置いておく。

飲み物ばかりに拘らず、ゼリーや寒天などの喉ごしの良いもの。
夕飯のおかずには冷奴など水分を多く含んだものをだして、一日の中でバランス良く水分を摂ってもらっている。
間食に果物とかもね。。。

両親は、パンとコーヒーで朝食を摂る。
先日まではこれに加えてゼリーやヨーグルトを食べていたが、一日の水分量のバランスを考えゼリーやヨーグルトは食べる時間を変えた方がいいよと伝えておいた。

まぁ、こんな感じで。。。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-08-25 13:49 | 介護

まろやか

かれこれ一年が過ぎ、振り返ってみれば自分自身が混乱していたこともあったような…

急降下するように生活が変わり、家族一人ひとりが不安を抱いていた。
そんな頃は、歯がゆさと不安が家の中に蔓延していた。

両親が納得したら順繰りとサービスを利用して行こうと考えてもいたが、自分を含め誰もが介護サービスをそれほど望んではいなかった。
母は体裁とか世間体が一番気になっていたのだろう...
僕はサービスを利用することでメリットもあるのだが、慣れない集団の中で疲労と混乱が一番気がかりだった。

結局、サービスを利用せずに現在に至っている。

最近では、家族の一人ひとりが無理をしないでそれぞれの生活を営むようになってきた。
そして一人ひとりが現状を受け入れて日々を送っている。

塩気の角が取れて「まろやか」な生活といった感じです。

母が、「最近、おとうさんが笑うようになったのよ…」
確かに認知症になってからの父からは笑顔が消えていたもんね。
まぁ、これが一年間の成果なのだろう。。。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-07-24 18:54 | 介護

独りよがり?

近況報告を含めてblogを更新しなきゃ (^^ゞ

といっても、これと言った変化はなく落ち着いた生活を送っています。
家事の方も母と折半で、できる時に僕がやる程度。
まぁ、買い物は僕の持分ですが...


最近、ひょんなことから少し落ち込みました。
まぁ、いつもの通りすぐに立ち直っちゃいますが、、、

…と言うのも

この歳のなると周りからは何も言われないんですよね...
いい年なんだからそれが当たり前なんですが、、、

ふと、自分の考え方って「独りよがり」になっているんじゃないかって。
くだらない事かも知れないけど考えてしまった訳です。

2、3日は尾を引いていたけど、良くも悪くも長続きしない性格。
今はケロッとしています。

ちょっと新しい空気が吸いたくなっただけのことだったようです。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-07-02 18:44 | そのほか

レク

明日の勤務はレク担当です。

自作のラブフルートで童謡唱歌や馴染みの曲をを演奏しちゃおうかなぁ…

なぁんて考えて、只今特訓中!!!

1オクターブの音域で吹ける曲を選んで譜面起こし (^^♪
結構疲れます、、、

でも、この音色で喜んでくれる顔を思い浮かべながら。。。

9曲ほど仕上がりました (-。-)---。0OOO

b0149043_21295244.jpg
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-05-17 21:30 | そのほか

詩 「存在」

もう、欲しいものなんてないのよ…

命だって、いつ天に召されても惜しくはないの

ただ一つ、願いが叶うならば、、、

居場所が欲しいだけなの
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-05-14 19:14 |

詩 「今でも…」

いつもご飯を食べさせてくれたり
おしもの世話を嫌な顔一つせずに

ありがとう

あなたたちの笑顔はとても心地よいし
私にふれる手には優しさがあふれている

でもね

わたしはいつも、
あなたたちにしてもらうばかり

できることといえば、
少しでもあなたたちの手を煩わせないようにすることだけ

あななたちがわたしに話しかけても
わたしは微笑み返すこともできないの

とても悲しくやりきれない思いもするけれど
若かった時も、そして今も
同じことを感じてる

もう少しだけ
あなたたちと一緒に居させてください
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-05-11 20:05 |

近況報告

認知症に父も投薬をやめて早半年、特にこれといった進行も見られず平穏に生活を送っている。
母も多少ではあるけど、一通り家事ができるまで戻りつつ1ヵ月半が過ぎた。

今は自分の時間を楽しむ余裕もできて一時の安泰を満喫しつつ両親を見守っている。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-05-01 20:26 | 介護

歳とともに…

ここ2ヶ月ほどどっぷりと仕事と家事に明け暮れたせいか自分の体力が、、、
ものすごす落ちているような気がする。

連休を取った後の仕事がものすごく疲労感がある。
逆に2日目、3日目と仕事が続くと体が慣れてくるためか疲労感は少ない。

以前は面倒だった家事のことは面倒と思わなくなった反面、自分の趣味に一歩踏み出すのに躊躇するようになっている。

そろそろ、母もほとんど介助はしなくても生活できるレベルに戻ったことだし、、、
自分のリハビリが必要だろう...
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-04-10 17:35 | 介護

病は気から…

と言うように、、、

気が萎えてしまっては、治る病気も治らないどころか悪化の一途。

今日は、先日母がMRIの検査を受けた結果を聞きに行ってきた。
結果は特に目立った進行は認められないとのことだった。

…が、

一週間ほど前から母のADLは多少ではあるけど上向きに...

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-23 16:16 | 介護

なにやってんだ...

親の介護に対して完璧を目指している訳じゃないけれど...
思考回路がどうしても偏りがちなようだ。

介護士として仕事をしている時にはできることも、両親の介護となるとどうにもぎこちない。
「チームワーク」と「個の力」の差を強く感じる。
フィジカルな介護技術は介護士としてのキャリアが役立っているのだが、、、

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-20 22:56 | 介護

リスクを覚悟で…

転げ落ちるようにADLが低下した母の状態も、多少ではあるけれど回復してきた。
回復と言ってもまだまだ予断は許さない状態なのだが...

ここ一ヶ月余りは単独での行動は厳しく制止してきたが、少しずつ自立支援の方向へと振ることにした。
リスクを恐れ行動を規制し過ぎても「ボケ」が心配だし、、、

主介護者の僕が、「思うが侭にすること」が良い介護だとは思っていない。
誰だってリスクを背負って生きているのだからね。

今の所、トイレを自立してもらうことが目標。
必要に応じて父>息子の順で母のトイレ介助をすることにしている。

父が母のトイレ介助をする機会も増えてきた。
夫婦が寄り添い、息子が側面から援助するという構図が今の目標。
(父の生活リハビリにもなるし…)

まぁ、これはトイレに限ってのことだけれど。。。


それから、ここ2ヶ月で自分の体力も相当落ちたと実感。
時間節約のため徒歩から車での通勤に変え、好きな山歩きにもいけない状態。

と、言い訳をかましながら親不孝息子は、、、

また羽を伸ばそうと目論んでいる。。。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-17 19:42 | 介護
シンガー・ソングライター樋口了一さんの歌です

♪YouTubeで聴く方はこちらです♪

歌詞をご覧になりたい方は...↓↓↓

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-15 11:14 | 介護

ご褒美に…

今日は父へのご褒美風呂。。。

父一人で入浴できないわけではないけれどね、、、。



仕事から帰ると母がぼくに言った…

「今日のお父さんは◎」
「トイレにも連れて行ってくれたし、電気(照明)も点けてくれたの」

さりげなく聞き流すように聞いていたけれど、、、
本当に助かる。

そんな訳でご褒美に父の背中を流した。

半ば父親はほったらかしだったけど (^^ゞ
父も嬉しかったらしく

「ありがと~!」って、

ぼくに言ってくれた (^v^)

少しずつ歯車が噛み合ってきたかな...
そんな気がする今日一日でした。。。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-12 21:20 | 介護

なかなかやるじゃん

母の介助をしてくれるようになった父。

「母さんをトイレに連れて行ってくれる?」 と尋ねると...

チョコンと首を縦に振ってくれた。

もちろん気が向いた時だけだけれど、、、
リスクはあるが、父のリハビリにもなるのではと思う。

何もしないで喰って寝てばかりいた父。
そんな父を鬱陶しく思っていたけど、、
少し頼もしく思えたりもした。
b0149043_2251231.jpg

[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-10 22:52 | 介護

何もしない父が…

父親を怒鳴りつけてしまってから一週間が経ち、その後父が少し手伝ってくれるようになった。

親を怒鳴りつけた後味はいいものではない...
でも、父の行動に僅かながら変化が。。。

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-08 10:24 | 介護

きつい… しんどい…

さほどそうは思わないものの、、、
やはり疲れが溜まってきたなぁ、という感覚ありあり。

今までは家事なんて一切やって来なかったから、体が慣れるまでは仕方ないか...

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-07 17:18 | 介護

そこには僕がいる

父の感情は、、
僕の感情。

僕の感情は、、、
父の感情。。。

まるで鏡を見ているようだね。




じゃぁ、笑ってみようかな...


きっと、、、微笑んでくれると思うよ。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-04 09:03 | 介護
「これは俺の持論だけどね...」 

と、Y氏からの言葉に救われた思い。

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-03 18:50 | 介護

一通の手紙

ある老人ホームで、女性の死後、一通の手紙が見つかりました…

(研修の資料より)

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-03-02 20:13 | 介護

やってしまった…

父親を怒鳴りつけてしまった。

怒鳴ったところでどうにもならないどころか逆効果なのは十分承知はしているのだけれど…

自分は余裕を失って心に歪みが生じているのだろう。。。
蟻の一穴にならないように、少しばかり自分自身のメンテナンスが必要なのかも…

今日は少しばかり時間をとって鎌倉にでも行ってこようと思う。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-02-28 09:45 | 介護

理解できない父と…

認知症で道理を理解できない父。。。
最近は風呂にも入らず、就寝時間も狂い始めた…

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-02-26 10:22 | 介護

そろそろ1ヶ月…

パーキンソンの母が歩けなくなってから1ヶ月が経とうとしている。。。
母の状態は昨年年末来の株価のような状態で安値安定と言ったところ。

炊事、掃除、洗濯、惣菜の買い物と慣れないことばかりだったけれど、、、
当初は、明日どうするか? 一週間をどう乗り切るか…

そんな感じの日々。

ようやく1ヶ月が経とうとしている今、どうにか先の目処がついてきたように思える。
まだ福祉サービスは利用していないけれど、現状で特に不憫は感じていない。
これも、姉と姪の協力と会社の理解があったからこそ乗り越えてこられた。

まぁ、少しまとまった自分の時間が欲しいのが本音だけれどね、、、
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-02-18 12:07 | 介護

やめたこと…

それは「お酒」。

お酒を飲んでしまうと、、、なぁ~んもヤル気しなくなっちゃうのです。
だから今はお預けなんです。

呑めるのは両親の介護が終わってからかなぁ…と思うと、、、
その日を待ち望む訳にも行かず、チト複雑な心境になる。。。

それから、もう一つ…

昨日は鱈腹夕飯を食べたら両親を入浴させることができなかった(^^ゞ
今日は夕飯前にお風呂を済ませます。
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-02-11 16:28 | 介護

「なんでやらない…!」

…と母に向かって繰り返す父。
“ 家事は母がやるもの ” という昔ながらの観念が強いようだ。

もはや母の病気は理解できていない父。。。

続きを読む…
[PR]
# by 1po2ho3bo | 2009-02-07 20:13 | 介護